寒い季節において帽子やファッションアイテムはどのように身に着けるべき?扱い方の工夫を紹介します。

寒い季節において帽子やファッションアイテムはどのように身に着けるべきなのでしょうか。
扱い方の工夫を紹介していきます。

・帽子はスタイルに合った防寒性のあるものを選ぼう

寒い季節のコーデで帽子を選ぶ際は、スタイルに沿いつつ
防寒性が得られる物にするのが望ましいです。

季節感を無視した、所謂お洒落重視の感覚で帽子を選んでしまうと
満足な暖かさが得られず快適な着こなしができなかったりします。
加えてお洒落さについてもその季節のイメージとのギャップを
感じてしまいチグハグな印象を生み出しがちです。

出来るだけ季節感にマッチした帽子選びをしてみてください。

・ファッションアイテムはコーデの中で映えるものを選ぼう

ヘアバンドやアクセサリーといったファッションアイテムですが
寒い季節の場合はワンポイントとして、見映えのあるカラーや物を選ぶのがオススメです。

これは何故かというと寒い季節は身に着けるアイテム、そしてカラーが多くなる関係で
全体的に色調がぼやけてしまいやすいため。
せっかく綺麗なアクセサリーを身に着けても色合い次第ではコーデのカラーに埋もれてしまいがちです。

ですので、寒い季節のコーデに使うファッションアイテムは人の目を惹きやすいように
少し派手目の色や個性があるものが良いとされています。

寒い季節に短めのボトムスはどう着こなすべき?扱い方の工夫を紹介します。

寒い季節に短めのボトムスはどのように着こなすべきなのでしょうか。
扱い方の工夫を紹介していきます。

・アンダーで寒さ対策がしてあれば短めのボトムスでもコーデに取り入れやすい

寒い季節だからといって長めのボトムスでなければいけないということはありません。
コートの丈の長さとの対比効果を狙って短めのボトムスをコーデに使ってみるのも良いでしょう。
しかし、そういった時に注意しておきたいのがやはり防寒性や寒々しい見た目。

前者は自分が暖かさを感じればそれで問題は解決するのですが
後者のようにビジュアル的な寒々しさがある場合は、見映えの点でも暖かみを感じさせないと
季節に合っていないイメージを生み出してしまいます。

ですので、短めのボトムスを着用する時にはタイツ、ストッキング、レギンスなどを
アンダーにして見た目から分かる暖かみを演出することが大切です。

これは女性のみならず男性でも活用できる工夫なので覚えておきましょう。

男性の方で女性物のようなアンダーを身に着けることに抵抗があるという方は
代わりに薄い生地のズボンなどをアンダーにするのもオススメです。

是非、今回紹介したことを活かして寒い季節でも、短いボトムスを
コーデを取り入れてみてくださいね。

寒い季節にアウターはどう着こなすべき?扱い方の工夫を紹介します。

寒い季節にアウターはどのように着こなすべきなのでしょうか。
扱い方の工夫を紹介していきます。

寒い時期のアウターの着こなしでは、気温に合わせたアイテムの使い分けを
考えておくことが大事。
寒さをそこまで感じない場合はコートではなく、
アンダーを着用した上でジャンパーを取り入れてみる、というのも1つの手です。

ジャンパーのような薄めのアウターはボディラインが出やすいため
カジュアルシーンでのお洒落がしやすいメリットがあります。
ただ、防寒性はそこまで期待できないことが多いので前述したように、保温性のある
アンダーの着用をしておくべきでしょう。

コートなどの厚い生地やファーがあるアウターは防寒性こそ優れていますが
見映えの点で、重さや太さが感じられやすくなってしまうのがデメリットと言えます。

このように各アウターはそれぞれ一長一短の特徴をもっているので
状況に合わせた使い分けをしてみることが望ましいです。

もちろん、寒さ対策が万全でなければファッション性以前に快適さの面で問題が出てきます。
ですので、どのようにお洒落さを交えながら防寒性を取りいれるかが、寒い季節のアウター使用のポイントとなるでしょう。

レディースのロングヘアーにはどんなファッションが似合う?コーデを考える際のポイントを紹介します。

レディースのロングヘアーにはどんなファッションが似合うのでしょうか。
コーデを考える際のポイントを紹介していきます。

・髪の長さやシルエットを意識したコーデにしよう

ロングヘアーはなんといってもその髪の長さが魅力的。
前から見るだけでなく後ろから見てもその美しさを感じやすいです。
ですので、基本的にこの魅力を損なわないようにするのが
コーデを考えるポイントとなります。

具体的には髪が映えるように白いブラウスを着てみたり、
ウェーブが目立ちやすいようにスリムなアイテムを着用してみたりすると良いでしょう。

また、髪を染めている場合、明るめのカラーなら暗い色の服を、暗めのカラーならば明るい服を
合わせるようにしてください。
こうすることにより髪と服装の輪郭をよりハッキリすることができます。

加えて、腰元まで髪が届きやすいため、ボトムスのチョイスも見映えに関係してきます。
こちらもトップスと同様に髪の毛を引き立たせるようなアイテムを取り入れましょう。

ロングヘアーは髪の毛の長さによって魅せ方が変わってきますが
基本的に服装によって髪を際立たせるという点は共通しています。
今回紹介したことを参考にしてロングヘアーの魅力を活かした
コーデを作りあげてみてください。